妊婦の便秘にビオフェルミンは大丈夫?

 

病院でも処方されることがあるビオフェルミン。<乳酸菌の薬>と箱に書いてあるように、ビフィズス菌とフェカリス菌、アシドフィルス菌の入っている指定医薬部外品です。

 

ビオフェルミン

 

妊婦さんにも大丈夫な理由

まず、ビオフェルミンは指定医薬部外品です。薬品ではありません。効き目が強烈でなくゆっくりな代わりに、副作用の心配もほとんどありません。

 

また、ビオフェルミンは副作用のない医薬部外品として知られていますが、それもそのはず、ビオフェルミンに含まれている乳酸菌は、どれも人の腸にもともといる乳酸菌です。

 

腸内乳酸菌を安定して供給することによって、腸を活性化させる意図を持った医薬部外品です。

 

妊婦さんに安心な最大の理由は、「乳酸菌は体内に吸収されることはない」ということです。

 

体内に吸収されてしまう栄養素の類は、有害なものが万一入っていたとしたら、吸収された栄養と一緒に血液の中に入って全身を回ってしまいます。

 

妊婦さんの体を回るだけではありません。もちろん、臍帯(さいたい)を通しておなかの赤ちゃんの体にも回ります。

 

このため、妊婦さんはあまり害のあるものは食べたり飲んだりしないほうがいい、といわれているのです。

 

乳酸菌は、私たちの体が、直接それ自体を吸収することがありません。消化・吸収しないので、腸まで到達することができます。

 

身体は、乳酸菌を消化・吸収するのではなく、乳酸菌が糖を分解して出す乳酸やビタミン類を消化します。乳酸菌は、そのものは消化されずに、死骸となって排出されます。

 

なので、乳酸菌がおなかの赤ちゃんに何か影響を与えるという危険性は、ほぼないのです。

 

16種類の乳酸菌が入った「乳酸菌革命」がお得に購入できるページはコチラ。

 

 

ビオフェルミンの乳酸菌の種類

 

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌ヨーグルト

 

乳酸菌は、種類によって腸の中での定着する場所が違います。

 

ビフィズス菌は大腸に定着し、消化内容物の中の糖を分解して発酵させ、乳酸を出します。このため、大腸を整える働きがあります。

 

多糖類を多く出すため、美肌効果も期待できる菌種です。腸内にもともといる乳酸菌の代表がビフィズス菌です。

 

 

フェカリス菌

 

フェカリス菌のいる腸

 

大変小さな球状をした乳酸菌です(エンテロコッカスと言います)。一般的な乳酸菌と比べても小さいため、腸のひだの奥まで届きます。

 

腸のヒダは、老廃物のたまりやすい場所です。ここに定着することによって、老廃物を追い出し、乳酸を出して腸の隅々までを酸性にします。

 

人の消化器は、酸性の状態の時が一番よく動きます。フェカリス菌は、その小ささを活かして腸内環境を改善することができるのです。

 

便秘解消だけでなく、免疫力向上に特に効果のある乳酸菌で、花粉対策などにも効果があることがわかっています。

 

 

アシドフィルス菌

 

口臭が気になる

 

胃にもよい影響を与える乳酸菌で、胃潰瘍や口臭を予防する効果もあります。ビタミンB群の供給にも役立つ乳酸菌です。

 

生きて届き、腸内の環境を確実に良好にするプロバイオティクス効果も認められている乳酸菌です。

 

腸内の環境が悪くなると、悪玉菌がたんぱく質を分解して腐敗させ、有害物質や有害なガスを作り出します。

 

有害物質やガスは、腸管の中に張り巡らされている血管の中に溶け込み、血液と一緒に全身を回ります。

 

肌から排出されれば体臭となりますし、肺に排出されれば口臭となります。

 

アシドフィルス菌は、腸内を良好に整えることによって、有害物質の生成を減らし、体臭や口臭を減少させる効果があるのです。

 

アシドフィルス菌が胃で粘膜を保護、フェカリス菌が小腸で免疫機能を向上させ、ビフィズス菌が大腸に定着、そしてそれぞれの乳酸菌には便秘改善効果、というまさにトータルな乳酸菌類となっています。

 

 

整腸剤と止瀉薬(ししゃやく)の違い

 

下痢で苦しい女性

 

ビオフェルミンにはいくつか種類があります。

 

一般的に、整腸作用としてあるのは瓶入りの整腸剤、顆粒状のビオフェルミン止瀉薬です。

 

ビオフェルミン止瀉薬のほうは、下痢止めに使われます。このうち、止瀉薬のほうは妊婦さんが使用の際は医師に相談、といわれています。

 

下痢などの時に、便を正常な状態に戻すにはフェカリス菌が効果があります。ビオフェルミン止瀉薬にも含まれています。

 

下痢をすると、腸内細菌のバランスは大きく乱れます。その時、すかさず善玉菌優位に腸を戻さないと、下痢は続きます。

 

冷えて腸の働きが低下という原因の下痢もありますが、原因不明の下痢は、小腸で消化吸収しきれなかったたんぱく質が大腸に行ってしまい、大腸が処理しきれなくなって、吸収不良のまま排泄という症状が下痢です。食中毒などの場合もあります。

 

たんぱく質は、大腸に行くと悪玉菌しか分解することができない成分です。このため、高たんぱくの食事などが原因で、小腸が処理しきれなかったたんぱく質が大腸に入ると、悪玉菌が一気に増殖する可能性があります。

 

食中毒菌も悪玉菌の一つですが、食中毒菌も、胃酸や胆汁に負けず大腸まで来てしまう場合があります。

 

腸で増殖してしまうと、有害物質がどんどん発生し、人体に危険を及ぼします。その時の大腸の拒否反応が下痢です。胃で拒否反応を起こすと嘔吐になります。

 

ただ、妊婦さんにとって下痢はあまり良いものではありません。普段から下痢をしやすい人は、あらかじめ医師に相談して、飲んでもよい止瀉薬を聞いておきましょう。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。