妊娠中の便秘で下剤が効かないとき

 

下剤

 

病院で医師に処方された下剤でも、最初は良かったのに、効きめが弱くなり、そのうち効かなくなることがあります。原因と対策についてお話しします。

 

 

処方された下剤の種類に原因がある

 

医者に質問される妊婦さん

 

妊娠中に医師から便秘に対しての処方薬を出される場合の、薬の種類が2種類あります。

 

ひとつは、「塩類下剤」という種類のものです。酸化マグネシウム、マグコロールなどです。

 

依存性が少なく、副作用の心配がほとんどなく、赤ちゃんへの影響もないことがわかっているので、妊婦さんにも処方される薬です。

 

塩類下剤は、腸の中で水分を吸収します。そして、便のカサを増やしてくれます。

 

食物繊維のような働きをするというイメージが一番近いでしょうか。便のカサが増えることにより、腸全体の活動もしやすくなり、水分をキープできることで、腹圧をあまりかけずに排便できるのです。

 

ただ、効き目は穏やかです。副作用の心配がないということは、それだけ強い効き目がないということでもあります。

 

依存性がないので、腸が働きを低下させることもありません。

 

もうひとつは、「大腸刺激性下剤」といわれるものです。ラキソベロン、アローゼンなどがこちらです。

 

大腸を直接刺激し、腸の運動をうながして排便させます。依存性があります。即効性がありますが、継続して用いることはすすめられていません。

 

塩類下剤と大腸刺激性下剤のうち、大腸刺激性下剤は依存性があります。

 

「下剤が効かなくなった」という方は、大腸刺激性下剤を処方されていることがありますので、ご確認ください。

 

即効性がありますので、どうしても困った頑固な便秘の時には普通に処方されている薬です。

 

大腸も刺激にはだんだん慣れてきてしまいますので、だんだん量を増やしていかないと効かなくなってしまいます。困った時だけにしておいた方がよいです。

 

妊婦さんには処方されませんが、「アントラキノン系下剤」という種類もあります。

 

センナなどが含まれており、大腸刺激性下剤のひとつです。市販薬は多くはこの種類です。

 

センナは妊婦さんには刺激が強すぎますし、市販薬は妊婦さんへの安全確認はされていません。自己判断でご使用されないことをおすすめします。

 

下剤がいらなくなった!妊婦さんでも安心して飲める「するっと抹茶」の効果と体験談

 

 

下剤が効かないなら、どうしたらよいか

 

薬の説明をする医師

 

妊婦さんは、まず医師に相談してください。その時だけ、浣腸を処方してくれることもあります。

 

一度詰まっている便をなんとかしたら、自分で便秘になりにくい腸を作りましょう。薬の依存は大変危険です。

 

便秘に悩む毎日から脱却するため、便秘になりにくい腸は自分で何とかするしかないのです。

 

水分を多めにとり、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖を積極的に摂りましょう。

 

乳酸菌は、菌数が多くなれば効果が上がることがわかっています。

 

医師に相談したうえで、多めの菌数のサプリメントなどで、悪玉菌の多い腸内環境から、善玉菌の多い腸内環境に徐々に変えていきましょう。

 

オリゴ糖と食物繊維は、乳酸菌のえさとなり、腸の環境を良くするのに役に立ちます。

 

食物繊維は、腸の大掃除もしてくれます。食べ物で摂る場合は、農薬を使っていないリンゴを、皮ごとすりおろして多めに食べるのがよいようです。

 

リンゴにはペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは水溶性食物繊維の代表的なものです。

 

玄米など、不溶性食物繊維を豊富に含むものを一気にたくさん摂ると、おなかにガスがたまりやすくなり、かえって苦しくなってしまうことがあります。

 

食物繊維を取りたいあまり、ゴボウを大量に食べたり、玄米を大量に食べたりすることは避けましょう。

 

オリゴ糖も、純度の高いもののほうが効果があるということがわかっています。

 

硬化を求めるなら、できるだけ純度の高いものを選ぶようにしましょう。

 

妊娠すると、どうしてもおなかの赤ちゃんのことを第一に考えてしまいます。

 

素材や添加物などが気になる方は、天然由来のものがおすすめです。

 

妊娠中の便秘に効果あり!オリゴ糖ランキングを見てみる。

 

 

下剤に慣れてしまうと困ること

 

便秘で困っている妊娠中の女性

 

便秘を下剤によって解消したすっきり感に依存してしまうと、だんだん薬を使わないではいられないようになります。

 

大腸刺激性下剤の場合、腸が慣れてしまうと薬の量はどんどん増えます。

 

常用量の何倍もの薬でないと効かなくなったり、下剤服用年数が長くなったりすると、便意そのものを感じなくなってきます。

 

便意がないのに便秘、という状態になってきてしまうのです。こうなると、腸は自分で働けなくなります。

 

  • 何もしないでいると、全く便が出ない。
  • それに自分で気が付かないほど便意がない。
  • グリセリン浣腸を使ったことがある。
  • おなかが張ると、胸やけがする。

 

このような状態になった時、腸の状態を内視鏡で見ると、真っ黒になって、伸びたゴムのようにだらんとなっているのがわかります。これは、「大腸メラノーシス」といわれる病気です。

 

正常な腸は、内視鏡で見るときれいなピンク色をしています。大腸メラノーシスが起こると、腸壁に色素沈着が起こります。そして、真っ黒な腸が出来上がってしまうのです。

 

大腸メラノーシスになると、自力で回復することはほぼ不可能です。便秘外来などで、専門的な治療を受ける必要があります。

 

回復には時間もかかりますので、この状態にならないように、下剤の依存性には気を付けてください。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。