妊娠中の便秘にごぼう茶は効果ある?

 

数年前から流行りはじめましたよね、ごぼう茶。便秘だけでなく、アンチエイジング効果もあるとして大人気になりました。

 

ごぼう茶は妊婦さんが飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

ごぼう

 

ごぼう茶は妊婦さんも飲める?

 

適量なら飲めます。ごぼう、食べますよね。ごぼう茶はごぼうを薄くささがきにしてフライパンで炒ったものです。

 

天日で乾かしても良いです。もちろん、市販のものも売っています。市販のものも、ごぼう茶には添加物が入っていないようです。

 

もちろん、カフェインも含みませんので妊婦さんも、産婦さんも飲むことができます。

 

ただし、一つだけ気を付けてほしいことがあります。ごぼうにはカリウムが豊富です。

 

たくさん飲むことによって、カリウムが妊婦さんに影響を与える恐れがあります。医師に一度相談すると安心です。

 

TVで活躍中の森智恵子医師推奨の【女神のごぼう茶】
女神のごぼう茶

 

妊婦さんがNGなのは、ごぼうの種

 

ごぼう

 

よくインターネットで、「妊婦さんにごぼう茶はNG」という記載があるのですが、妊婦さんにNGなのは「牛蒡子(ごぼうし)」という牛蒡(ごぼう)の種のことです。

 

牛蒡子には子宮収縮作用があるので、産婦さんに良く進められる漢方薬でもあります。

 

妊婦さんが子宮収縮作用のあるものを口にするのは望ましいことではありません。牛蒡子にはお気を付けください。

 

 

それでも心配な人は、飲用を控えましょう

 

ごぼう茶

 

牛蒡は、強い効き目のある植物ではないからか、種ではない根の部分は漢方薬としては使われていません。

 

妊婦さんが「ごぼうを食べすぎると赤ちゃんの色が黒くなる」というのは、ごぼうはアクが強いゆえの迷信です。科学的根拠はないそうです。

 

ただ、心配な人は飲むのはやめましょう。最後に、注意点も書いておきますから、そちらにも目を通して下さい。

 

ごぼう茶以外で、妊婦さんが安心して飲めるスッキリお茶はこちら

 

 

便秘を解消するごぼうの栄養素

 

ごぼう茶は、炒ったごぼうを煎じて飲むだけなのですが、ごぼう茶にはごぼうの栄養がたくさん溶け込んでいます。

 

ポリフェノール

 

アンチエイジング女性

 

ポリフェノールはアンチエイジング効果がある酵素として一躍有名になりました。

 

ごぼうにもポリフェノールは含まれています。ちょっと前までは、「ごぼうのアク」といわれていた色の変わる成分のことです。

 

ごぼうに含まれるポリフェノールの量は、野菜の中でもトップクラス。

 

しかも、加熱したごぼうは生の状態よりもポリフェノール値が高くなることがわかっています。

 

ごぼうのポリフェノールはサポニンといいますが、アンチエイジング効果だけではなくて悪玉コレステロールを分解する働きもあります。

 

サポニンには体を温める効果もあります。冷えがちな妊婦さんの強い味方です。

 

身体を温めて血液の循環を良くすることで、腸の働きを良くすることができます。

 

 

食物繊維で便秘を改善

 

便秘解消を望む女性

 

ごぼう茶は、ごぼうそのものを食べるわけではありません。

 

「それなのに食物繊維?」というのは、ごぼうには「水溶性植物繊維」が入っているからです。

 

私たちの目に見える野菜の「繊維っぽいもの」は、不溶性食物繊維であることがほとんどです。

 

水溶性食物繊維は、目に見えないくらい細かいもので水に溶けます。

 

水溶性食物繊維は、便の水分をキープして便秘になりにくい状態を作り出します。

 

ごぼうの食物繊維はかなり優秀なもので、免疫力を高めたりする働きもあります。(小腸にたくさんある免疫細胞が活性化するためです)

 

 

ごぼう茶の便秘以外の効果

 

ごぼう茶には、便秘以外の効果もあります。

 

授乳婦さんに、乳の出を良くする効果

 

おっぱいを飲む赤ちゃん

 

ごぼう茶は腸内の老廃物を取り除いてくれるので、血液中に有毒な物質が溶け込むのを防ぎます。

 

便秘の怖いところなのですが、便秘が起こると腸内で老廃物が「腐敗」し始めます。

 

便秘が起こると腸内環境が悪くなり、悪玉菌が優勢になるためです。

 

腐敗した物質から出た有毒な物質は、腸壁に張り巡らされている毛細血管から取り込まれ、全身を回ります。

 

便秘を防ぐことは血液中の有毒物質を減らすことにもつながります。「よい血液を作る」ということができるのです。

 

良い血液を作ることは、良いお乳を作ることにもつながります。

 

そして、体を温める効果もあるので、お乳の分泌も良くなるのです。

 

 

乳腺症の予防効果

 

胸が痛い

 

授乳期に、乳腺が詰まってガチガチになってしまうことを乳腺症と言います。

 

乳腺症は高熱も出ますし、じんじん張って痛いしで大変な産婦さんの症状なのですが、ごぼう茶は体液の流れを良くする効果があるので、乳腺も詰まりにくくなるのです。

 

 

冷えやむくみを解消する効果

 

ごぼうにはイヌリンというムコ多糖類が入っています。

 

イヌリンが体の中の水分を調節する役割を果たし、循環を良くしてくれるのでむくみに効果があります。

 

ごぼうには利尿作用があるので、体の中の余分な水分を排出することもできます。

 

 

ごぼう茶を飲むときの注意点

 

びっくりしているキャラ

 

ごぼう茶には「副作用がある」といいます。口内炎になったという人もいますし、腹痛がしたという人もいます。

 

腹痛は、便秘が解消されるのにともなう腹痛のこともあるので何とも言えませんが、副作用があるという人の中に、キク科のアレルギーの人がいるという説があります。

 

アレルギーであるがために副作用が出てしまうという説です。

 

キク科の野菜は、アーティチョーク、サンチュ、春菊、サラダナ、フキ、レタスなどが挙げられます。

 

これらの野菜が苦手な人、ちょっと食べると違和感がある人はごぼう茶を飲まないほうが良いようです。

 

また、アレルギーの心配はない人も、飲みすぎはやめましょう。

 

天日干しごぼう茶で「エイジングケア×朝スッキリ」習慣をはじめよう
女神のごぼう茶