妊婦さんの便秘が、1週間以上続く場合の対処法

 

便秘は何日出なかったら便秘という、という定義のない症状です。とはいえ、1週間出なかったら、誰しも心配になるでしょう。

 

問題になる便秘、ならない便秘とその対処法は、どんなものがあるのでしょうか?

 

お腹が痛い妊婦

 

1週間で問題にならない便秘

妊娠初期、特につわりがひどい方によくみられる症状です。

 

つわりでトイレ通いが多いからトイレには行っているつもりでいたけれど、気が付いたらトイレでは吐くだけで、肝心のものは1週間以上出ていなかったという方もいます。

 

妊娠初期、それも吐きづわりの方は、このような症状は珍しくありません。

 

お腹が詰まって、痛みがあったり、苦しかったり、ハリがあるようでしたら、次の検診日を待たずにお医者さんに相談してください。

 

妊娠中に処方される薬は、酸化マグネシウムがメインのものがほとんどです。

 

市販薬に比べると効き目が穏やかですが、依存性も少なく、効き目が強すぎて子宮収縮を招いてしまうこともありません。

 

医師の処方によるものは安心して飲むことができます。市販薬や漢方薬を自己判断で飲むことは絶対にしてはいけません。

 

妊娠初期、吐きづわりで1週間出ていなくても、苦しくなく、痛くなく、ガスがたまる感じもないようでしたら、この時期は放っておいて大丈夫です。

 

吐きづわりの方は、固形物を摂ることが難しい方もいます。

 

あまりに食べられず、体重が激減した方は、ただのつわりではなく、妊娠悪阻といわれる症状なので、産婦人科を受診してくださいね。

 

点滴などで栄養を入れると、少しつわりの症状も楽になります。

 

アイスクリーム、プリンやジュースなどしか喉を通らない、という方は腸までほんの少しのカスしか行かないことがあります。

 

少しの内容物では、腸はうまく内容物を押し出すことができません。内容物が十分にたまってくれば、自然に便意がつくことはあります。

 

ただ、腸に長くとどまっていると、水分の再吸収が行われます。なので、たまっているものがかなり固くなっていることが予想されますから、痔には気を付けてください。

 

肛門付近の圧迫が痔を悪化させることになりますので、つわりが良くなったらゆっくりたくさん動くようにしましょう。

 

 

 

1週間では問題になる便秘

 

便秘を気にしている女性と医師

 

妊娠初期、後期問わず、お腹が張って苦しくて、という症状の場合は、我慢せずに産婦人科を受診してください。

 

内診では直腸の様子もわかるので、医師にも便秘はもちろんばれていますが、妊婦からの訴えがない限り、医師のほうから便秘の薬を処方することはまずありません。便秘の症状には個人差があるからです。

 

処方される薬は、酸化マグネシウムの成分がメインのものです。

 

依存性が少なく、おなかの赤ちゃんにも害がないことがわかっているものしか処方されません。なので、安心して飲んで平気です。

 

浣腸や下剤などを勧められることは少ないようです。

 

出産前に、陣痛が始まると浣腸で腸の内容物をきれいにする産婦人科もあります。(WHO認定の産婦人科では行われていないようですし、助産院で産む方にも行われません)

 

これは、いきんだときに便が出てしまわないようにという配慮と、下痢によって子宮収縮が促され、陣痛がうまくつく、という配慮が両方あるようです。

 

下痢は子宮収縮を促してしまう恐れがあるので、効き目の強い便秘薬は妊婦さんには使われることがありません。

 

とくに妊娠後期は、下剤の使用によって、早すぎる陣痛を促進してしまう恐れがあります。市販薬、自己判断による漢方薬は避けましょう。

 

下剤がいらなくなったと評判!「するっと抹茶」の効果と体験談はこちら。

 

1週間続く前にできること

 

ヨーグルト

 

問題になる便秘は、改善にも時間がかかります。

 

おなかの赤ちゃんが心配で、薬は使いたくない、自然に治したいという妊婦さんもたくさんいることでしょう。

 

妊娠前の便秘への対処のような、市販薬ですっきり!というわけにはいきません。

 

1週間ためてしまう前に、排出できる健康な腸を作りたいものです。

 

健康な腸とは、血行が良く、良く動くので腸の内容物の通過時間が少ない腸のことをさします。

 

これは、食生活と軽い運動によって、ある程度改善することができます。

 

健康な腸の方は、今の食生活を維持すればよいのですが、苦しい便秘に悩みがちの方は、腸内環境が悪くなっています。

 

善玉菌を活発にし、腸内のバランスを善玉菌優位に変えましょう。

 

悪玉菌優位な腸を善玉菌優位に変えるためには、

 

  1. 食物繊維
  2. 乳酸菌
  3. オリゴ糖

 

の3種類の便秘に良い食品でがんばりましょう。

 

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌を元気にするために非常に役に立ちます。

 

食物繊維は、ゴボウなどに代表される「スジ」の不溶性食物繊維と、海草などにたくさん含まれている水溶性食物繊維の両方を摂ることが必要です。

 

乳酸菌は、生きて腸に届く菌でないと効き目がない、と思っている方が多いのですが、加熱殺菌処理などをされて死んでいる菌も、腸できちんと善玉菌の栄養となり、活発に活動させる効果があります。

 

生きて届く菌と死んでいる菌は、どちらも腸内環境を整える効果があるのですが、どちらかというと、死んでいる菌は免疫系を高め、腸内で善玉菌の栄養になるという働きが強く、生きている菌は腸内に一定期間(1週間くらいから2週間くらいで排泄されてしまいますが)とどまって善玉菌を助けて働くという働きが強いようです。

 

オリゴ糖は、消化されずに腸まで届き、乳酸菌をはじめとする善玉菌のえさとなって、善玉菌が活発に動くのをサポートする働きがあります。

 

効果は、純度によるものが大きいようです。大きい効果が欲しければ、純度が高いものを探してみてはいかがでしょうか。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。