便が堅すぎて出せない妊婦さんのための対処方法

 

便秘かな、と思い始めて数日たつと、どんどんお腹が張ってきますよね。1週間たつと、どういきんでも出ないということになります。

 

固すぎる便の入っている腸

 

また、妊婦さんならではの「いきむのが怖い」「浣腸とかの薬を使いたくない」という悩みもあります。

 

どうやら腸の中で固くなりすぎたんじゃないか、と感じる妊婦さんはどうやって出したらいいんでしょう?

 

 

普通の出し方

 

もし妊婦さんじゃなかったら。

 

お腹をもむマッサージ → 浣腸 → それでもでなければ下剤

 

という流れが普通です。でもこの方法は妊婦さんにとってはNGばかり。

 

お腹をもむところから、「冗談でしょう?」という感じですよね(実際は腸をもむので、子宮に影響はないようですが…)。

 

下剤や浣腸も、刺激が強すぎて怖いという妊婦さんもいらっしゃいます。

 

下剤がいらなくなったと評判!「するっと抹茶」の効果と体験談はこちら。

 

妊婦さんの一番良い方法

 

恥ずかしがらずに産婦人科に行きましょう!泌尿器科や肛門科でもいいです。

 

もし、そんなにひどい便秘でなく、「弱めの薬で大丈夫ですね」というときはちゃんと薬が出ます。

 

ちゃんとしたところだと、下剤をかけても出るまで院内にいてください、といわれる病院もあります。何かあった時に対応するためです。

 

ひどい場合は、摘便(てきべん)という処置を受けます。肛門から便を掻き出してもらうのですが、これは妊婦さんは自分でやるのを避けてください。

 

摘便は、医療行為です。自分でやる分には構わないので、普通なら問題ありません。

 

摘便には裂肛(肛門周辺を傷つけてしまうこと。そこから雑菌が入ると炎症になる)が伴います。

 

また、通常より重くなっているお腹のため、肛門周辺は常に圧力がかかっている状態ですから、裂肛がそのまま痔になりやすいのです。

 

なので、これはお医者さんの治療を受けるのが一番です。

 

 

堅すぎる状態になる前に対処しよう!

 

妊婦さんの便秘は、恥ずかしいことではありません。「食生活が…」「生活習慣が…」という問題ではなく、ホルモンの問題です。

 

便秘は、ひどくなる前に放っておかなければ弱い薬で解消できます。初期のころなら、飲み物や食べ物で解決できることもあります。

 

そのうち出るさ、と放っておいてよいのは、腸の働きがホルモンの制限を受けていない時期の話です。

 

便秘気味かもと思ったら、食べ物や飲み物で解消してみましょう。乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維の力を借りて腸の善玉菌の働きを高めるのは良い方法です。

 

食事は野菜と水分をしっかり取りましょう。野菜スープにすると両方摂れるのでお勧めです。

 

そして、軽い運動もしてみましょう。全身の筋肉はお互いに影響を与えあっていますので、体を動かすことが腸の活性化につながります。

 

いよいよ「便秘だな」と思ったら、早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。病院で処方される薬は、あまり心配はいりません。

 

「薬は悪い!」と決めつけて飲まなかったり、医師に助けを求めなかったりすると、摘便のリスクが待っているかもしれません。

 

便秘は仕方がないことなので、放っておかず、悲観せず、恥ずかしがらず、プロ(産婦人科医)の力を借りてくださいね。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。