妊娠中の女性の便秘に、マグミットは安全なのか

 

産婦人科で処方されることも多いマグミット。酸化マグネシウムを主成分とする便秘薬です。

 

この薬は妊婦さんには安心なものなのでしょうか?作用や効果、副作用や注意点についてまとめました。

 

マグミット

 

マグミットはなぜ便秘を解消するか

マグミットは酸化マグネシウムを主成分とします。酸化マグネシウムには制酸作用があるので、胃の中で胃酸を抑える働きをします。

 

また、腸内に入ると水分を含んで腸の内容物を柔らかくする特徴があります。

 

  • 胃酸過多を抑える
  • 便を柔らかくして便秘を改善する
  • 尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防に使われる

 

などの効果があります。

 

マグミットは、症状によって処方される量が違います。マグミットは病院で処方される薬なので、きちんと飲む期間と飲む量が指定されます。それらをきちんと守りましょう。

 

16種類の乳酸菌が入った「乳酸菌革命」がお得に購入できるページはコチラ。

 

 

マグミットは妊婦さんが飲んでも平気な薬?

 

妊婦さんと女性医師

 

大丈夫です。ただし、「医師の処方を守る」という条件付きです。

 

酸化マグネシウムは、すごくざっくり言ってしまうと、働きが低下している腸でも出やすい便を作る薬です。便を柔らかくして膨らますことによって腸管に刺激を与えて蠕動運動を起こさせます。

 

酸化マグネシウムは比較的副作用の少ない薬なので、妊婦さんや産婦さんにも処方されます。

 

妊婦さんは胃酸過多になる方も多いので、両方の症状を緩和するためにマグミットが使われることが多いのです。

 

 

どうして妊婦さんには胃酸過多が多いの?

つわりで調子がわるい女性

妊娠すると、プロゲステロンというホルモンが急に増える現象が起こります。すると、胃や腸の機能が弱まります。

 

腸の機能が弱まるから妊婦さんは便秘になりやすくなるのですが、胃が弱まると消化不良や胃もたれの原因になります。

 

プロゲステロンというのは、筋肉の働きを緩めるホルモンです。活発な運動を消化器にさせないことによって、その近くにある子宮を刺激から守るための、大事なホルモンなんです。

 

ところが、プロゲステロンはその作用により、胃の入り口の筋肉も緩めてしまいます。そのため、胃の中の食べ物が逆流しやすくなります。吐き気や胃液の逆流も起きます。これがつわりです。

 

この時期、胃のバランスも狂います。胃の運動自体が弱まっているのに消化しなければならないので、胃酸がたくさん分泌されるようになります。これが胃酸過多です。

 

つわりがおさまる妊娠後期になると、今度は大きくなった子宮に胃が押し上げられ、やはり筋肉の働きが弱まります。

 

弱まった状態で出産しますが、子宮はすぐに収縮しても胃の筋肉はなかなか元に戻りません。このため、出産後に胃下垂になる方が非常に多いようです。

 

妊娠するとどうしても便秘のほうがクローズアップされてしまいますが、胃もかなりの影響を受けてしまいます。

 

酸化マグネシウムはその胃酸過多にも効果がありますので、医師からマグミットの処方を受けた際は怖がらずに飲んで大丈夫です。

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

 

マグミットの副作用について

 

便秘薬

 

酸化マグネシウム剤は、他の薬を飲んでいる方に対しては注意が必要です。

 

お互いに薬の成分が作用を強めたり、弱めたりしてしまうことがあるので、薬を飲んでいる人はおくすり手帳を診察のたびにもっていくようにしてください。

 

誰にでも起こりうる副作用としては、下痢が報告されています。

 

マグミットは腎臓でのカルシウムを再吸収させる効果もあります。このため、大量の牛乳を日常的に飲んだりすると高カルシウム血症などの症状が現れることがあるので、注意が必要です。

 

 

高カルシウム血症とは

 

牛乳

 

うっかりしがちなのは、胃粘膜が弱い人で、薬の刺激を避けるために薬を牛乳で飲む習慣のある人です。

 

牛乳は胃粘膜の保護として、お酒を飲む前などに飲む方も多いでしょう(妊婦さんは飲まないと思いますが…)。

 

また、赤ちゃんのカルシウムのために、便秘解消のために…と一日何倍も飲んでいる人は注意が必要です。サプリメントのカルシウムも同様です。

 

厚生労働省の見解によると、1日2300r以上のカルシウムを摂取しないと起こりにくい症状ということですが、牛乳のカルシウムは牛乳100gあたり110r。

 

2リットル飲まないと高カルシウム血症は起こらないという話になります(カルシウムの吸収率は人によって違うという説もあります)。

 

サプリメントは、1日分で1000rを越えてくるものもあります。これと牛乳を併用している場合は、少々危険かと思われます。

 

薬はちゃんと水か、カフェイン含有量の少ないお茶で飲んでください。ちなみに、牛乳とマグネシウムの併用によっておこる高カルシウム血症のことを、「ミルク・アルカリ症候群」といいます。

 

また、腎臓疾患のある方は酸化マグネシウム剤を飲むことはできません。高マグネシウム血症を引き起こす危険性があります。

 

 

高マグネシウム血症とは

腎不全の症状がある方がマグネシウムを含む薬を摂取していると起きる症状です。

 

血液中のマグネシウム濃度が上昇しすぎてしまい、低血圧、呼吸抑制、ひどい場合には心停止をする危険性もある症状です。

 

腎臓疾患のない人にはこの症状は起こりません。ある方は、くれぐれも飲まないようにしてください。

 

 

マグミットを妊婦さんが使うときの注意点

 

散歩をしている妊婦さん

 

まず、連用に気を付けることです。確かに使うと楽なのですが、連用しているうちに腸が怠け始めてしまい、出産後、ホルモンの働きが戻ったときにも腸が働かなくなってしまったら、便秘症になってしまいます。

 

なるべく便秘薬を使わなくていいように、予防するのが一番です。妊娠中の便秘薬は、最後の手段として使うようにしましょう。

 

 

便秘は予防が一番です

 

妊婦さんの便秘に良いヨーグルト

 

出産に向かう筋力をつけるためにも、便秘を予防するために腸に刺激を与えるのにも、軽い運動は効果的です。

 

また、食物繊維は腸のお掃除をしてくれます。野菜を積極的に摂りましょう。

 

ところが、普段と同じ生活がしにくいのが妊婦さん、ですよね。前期はつわり、中期は妊娠中毒症にならないためにの体重管理、後期はお腹が重くていろいろなことが大変になってきます。

 

手軽に取り入れられる乳酸菌のサプリメントや、腸の善玉菌のエサとなって腸内環境を良くしてくれるオリゴ糖などを摂取するのが手軽で予防にもなる方法です。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。