妊娠中の便秘にミルマグは安全でしょうか?

 

ドラッグストアでも買えるミルマグ。錠剤とシロップがありますが、どちらも内容は同じです。

 

ネット通販でも買えるミルマグは、妊婦さんが使っても安全でしょうか?効果や副作用、注意点についてまとめました。

 

ミルマグ

 

ミルマグはどうして便秘を解消できるの?

ミルマグは、水酸化マグネシウムを主成分とする薬です。水酸化マグネシウムには、2つの薬効があります。

 

胃酸を中和する働き

妊婦さんが便秘の次に悩まされるのが、胃の調子の悪さです。胃酸過多になってしまったり、胃炎や胃潰瘍を起こしやすくなってしまったりします。

 

水酸化マグネシウムは、胃酸を中和する働きがあります。このため、胃炎や胃潰瘍を予防することもできます。

 

 

便秘を解消する働き

水酸化マグネシウムは、腸の中で水分を含み、便を柔らかくしてカサを増やします。カサが増すと、腸管が刺激されます。

 

その刺激によって大腸が蠕動運動という伸び縮みの動きを起こし、便を排泄することができるのです。

 

自然な素材ですっきり!「するっと抹茶」効果と体験談はこちら。

 

 

ミルマグは妊婦さんが飲んでも大丈夫?

 

薬剤師の女性がミルマグの説明

 

大丈夫です。ただし、いくつか注意点があります。注意点に思い当たるところがある方は、医師に問い合わせてください。

 

本来、妊娠中にやみくもに自己診断で市販薬を飲んでしまうことは、ぜひ避けてほしいことです。

 

ミルマグは症状によって飲み方も、量も若干違ってくるので問い合わせてから飲んだ方が安心です。

 

 

ミルマグを妊婦さんが飲む場合の注意点

水酸化マグネシウムは、他の薬との飲み合わせによって、薬効を低下させてしまったり、逆に強めてしまって副作用に結びつくことがあります。

 

次のような薬を飲んでいる方は、飲むことはできません。

 

心臓疾患、腎臓疾患の薬

 

心臓を検査している医者

 

マグネシウムは、大量に摂取すると心臓に悪い影響を与えます。

 

また、腎臓疾患のある方も、腎臓が悪いとマグネシウムを排泄しきることができずにため込んでしまう性質があるため、腎臓ばかりではなく心臓にも負担をかけることになります。

 

高マグネシウム血症を引き起こす原因になりますので、心臓と腎臓の悪い方はご注意ください。

 

心臓と腎臓の薬を飲んでいなくても、弱い人は飲む前に必ず医師に相談してください。

 

 

 

抗生物質

 

薬

 

テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌薬、セフェム系抗生物質など、抗生物質や抗菌薬の働きを弱める性質があります。

 

時間を空けるなどの工夫で併用できることがありますので、医師にご相談の上、使える場合も多いようです。

 

 

ビタミンD3製剤

骨粗しょう症の治療などに使われるビタミンD3製剤も、水酸化マグネシウムと同時に摂取することで高マグネシウム血症の原因となることがあります。

 

高マグネシウム血症になると、出産後も腎臓や心臓に影響を残してしまうことがあります。骨粗しょう症の薬を飲んでいる方は注意して下さい。

 

 

カルシウムのサプリメント

 

牛乳カルシウム

 

お腹の赤ちゃんにカルシウムをたくさんあげたいという考えで、カルシウムのサプリメントや、1日1リットル以上の牛乳を摂取している方は、水酸化マグネシウムと一緒に飲むのは危険です。

 

水酸化マグネシウムには、大量のカルシウムと一緒に飲むことで高カルシウム血症を起こすことがあります。ミルマグを飲むときにはカルシウムを控えてください。

 

薬を牛乳で飲む習慣のある方も多いですよね。

 

胃に薬が刺激を与えないようにという配慮があるようですが、ミルマグは胃酸を中和する働きがあるので胃に与える刺激の心配はありません。

 

水か、カフェイン含有量の少ないお茶で飲むようにしましょう。

 

 

ミルマグの副作用について

誰にでも起こる可能性のある副作用としては、便が水分を取り込みすぎてしまったことによる下痢があります。

 

上記のような薬との併用がなければ、まず安全で妊婦さんも使える薬のようです。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。