妊婦さんの便秘にミルミル

 

「腸にいきいきビフィズス菌」というキャッチフレーズは昔から変わらない、よくスーパーでも見かけるミルミルは、優れた乳酸菌飲料です。

 

B.ブレーベ・ヤクルト株を100億個以上も含み、腸内環境を整える働きがあるのに加え、妊産婦でも飲めるように、配慮されているドリンクでもあります。

 

ミルミル

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

 

ミルミルはなぜ便秘に効くの?

ミルミルには、B.ブレーベ・ヤクルト株というビフィズス菌が100億個以上も入っています。

 

人間の腸の中にもともといる腸内乳酸菌がビフィズス菌ですが、ここから分離されたB.ブレーベ・ヤクルト株は、生きたまま腸内に届くように強化培養されているのが特徴です。

 

乳酸菌は、小腸に行って、免疫力強化のために働きます。

 

ナチュラルキラー細胞を刺激して、体の中の免疫細胞を活性化させ、免疫力を上げる効果があります。

 

大腸に行くと、もともと腸内にいる乳酸菌を助けて働くものと、腸内にいる乳酸菌のえさとなって分解され、腸内環境を酸性に整え、ぜん動運動などの活動を活発化するものがあります。

 

ビフィズス菌には、さまざまな株の種類がありますが、B.ブレーベ・ヤクルト株は大腸で働きます。

 

乳酸菌の中でも、動物の体内や乳で増える乳酸菌は酸に弱く、胃液の濃度では死んでしまうことが多いのですが、B.ブレーベ・ヤクルト株は胃液や胆汁に負けずに生きて腸内にたどり着きます。

 

そこで、もともと腸内にいる乳酸菌を助けて働き、腸内環境を改善することによって便秘を改善するのです。

 

便秘を改善する、免疫力を上げるなど、乳酸菌の効果はいろいろあるのですが、それらの効果の高さは、摂取する菌数に比例することがわかっています。

 

100mlで100億個も乳酸菌が摂れるミルミルは、かなり効率よく乳酸菌が摂取できるドリンクだということができます。

 

 

ミルミルが妊産婦にいい理由とは

 

効率よく乳酸菌が摂取できる。

 

大腸

 

乳酸菌の効果は、乳酸菌の菌数に比例します。

 

乳酸菌を摂取してみたけれど効果がなかった、という方は、途中でやめてしまった方か、乳酸菌の菌数が少なかったので効果が出ないという方が多いようです。

 

腸内細菌は、約100兆個といわれています。

 

100兆個の最近のうち、その中で、善玉菌が優位で健康な腸になるには、全体の約2割、20兆個が必要です。

 

毎日乳酸菌を摂取したとしても、毎日腸から排泄されてしまう腸内細菌もあります。便の約半分は、腸内細菌とその死骸です。

 

なので、乳酸菌も毎日続けることが大事になってきます。

 

思いついたときに飲みやすいミルミルは、手軽に1日100億個の乳酸菌をお腹の中に生きて届けることのできるドリンクなのです。

 

妊婦中のスッキリにおススメの「お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキング」

 

 

 

妊婦さんに嬉しいカルシウムが摂取できる。

 

カルシウム

 

赤ちゃんの体を作るために、妊婦さんのカルシウムはかなり消費されます。

 

体の中にもともとあるカルシウムを使われることは、歯や骨を弱くしてしまうことにつながります。

 

が、この時期の体は胎児優先で栄養をまわしていきます。

 

なので、カルシウムの摂取に気を使っていないと、母体のカルシウムが胎児に摂られてしまうことにもなりかねません。

 

通常では、18歳から49歳までのカルシウム摂取量は1日に600r〜700r。上限は2300mgです。

 

ところが、妊婦さんになると、1日当たり150mgのカルシウムが胎児に移動してしまうのです。

 

なので、妊婦さんは、自分の身体の健康を維持するために十分な摂取量に加え、胎児の分もカルシウムを摂らなければいけません。

 

このため、1日の必要量は、800mgほどになります。

 

これが足りず、胎児にカルシウムがどんどん行ってしまうと、骨密度の低下、泌尿器疾患などの妊娠合併症に発展する可能性があります。

 

ミルミルには、1本に106mgのカルシウムが含まれています。おなかの赤ちゃんの分に少し足りませんが、栄養補助食品として十分な量です。

 

カルシウムは、確かに必要なものですが、サプリメントなどでの摂りすぎは注意してください。

 

カルシウムを過剰摂取すると、腎結石などのおそれがありますので注意が必要です。

 

 

歯の健康のことも考えてある。

 

歯ブラシ

 

「子供一人に歯一本」といわれるほど、子どもを産むことは歯に負担をかけます。

 

昔の人は、子どもを一人産むと、歯は一本ダメになると言っていました。そしてそれは実際本当です。

 

原因としては、胎児の体作りのためにカルシウムが妊婦さんの体に不足してしまうことだったり、つわり時期には歯ブラシも入れられないくらいひどいつわりで、歯磨きが満足にできなかったり、吐きつわりの人に多いのは、吐くと胃酸が逆流します。

 

口をゆすいでも、強い酸性をもった胃酸がそのまま口の中に残ることがあります。

 

歯は酸に弱く、強い濃度を持った胃酸にさらされると表面が溶けてしまいます。

 

表面がボロボロになった歯は傷みやすく、虫歯になりやすいのです。出産するときに歯を食いしばって、歯が欠けてしまう人もいます。

 

ミルミルにも、甘さはあります。

 

が、この甘さは口の中で虫歯菌に分解されてしまう砂糖ではなく、虫歯の原因にならない「低う蝕性甘味料」とよばれるバラチノースを利用しています。

 

また、乳酸菌は口の中の健康を保つ働きにも優れています。

 

歯周病改善のため、口の中で溶かすタイプの乳酸菌の錠剤を処方されることもあるくらいです。

 

一般の乳酸菌ドリンクは、糖分が添加されているため、口に残れば悪玉菌のえさとなって虫歯の原因になってしまうのですが、ミルミルはその点、心配がありません。

 

歯の健康に気を使いたい妊婦さんに向いています。

 

 

効果的に乳酸菌を摂るためのミルミルの飲み方

 

ミルミルの跳ねている様子

 

胃酸には強いミルミルのB.ブレーベ・ヤクルト株ですが、乳酸菌は総じて食後に摂るのが一番良いといわれています。

 

食事によって胃液が薄まり、腸まで届くのが確実になるからといわれています。

 

が、いつ飲んでも腸まで届くのがB.ブレーベ・ヤクルト株のよさです。

 

胃酸の濃度に作った酸性の液の中に数時間放置しても、ほとんど死滅しないことがわかっていますので安心です。

 

タイミングを選ばない、ということにかけては、生きて腸まで届く強化培養の乳酸菌は安心です。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。