妊娠初期の便秘、原因と対策

 

疑問女性

 

妊娠するまでは、便秘で悩んだことなんてなかったのに、妊娠がわかってから、なんだか調子が悪い、つらい…ということが良く起こります。

 

妊娠は、女性の体を大きく変化させます。このため、いろいろな「今までにはあまりなかったこと」が起こります。

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

 

妊娠するとなぜ便秘になるのか

 

妊娠している女性がお腹の子を思っている

 

妊娠すると、黄体ホルモンという女性ホルモンがかなり多量に分泌されます。

 

黄体ホルモンは、妊娠を順調に進めるために欠かせない大切なホルモンですが、腸の動きを妨げてしまう働きもあるのです。

 

黄体ホルモンは妊娠初期に特に大量に分泌されます。このため、妊娠初期は腸の働きが低下し、頑固な便秘になってしまいます。

 

生理前に便秘になったことはありませんか?生理前の便秘も、黄体ホルモンの仕業です。

 

黄体ホルモンは、腸管の筋肉への刺激を受け取る力を低下させる働きがあります。

 

着床して育っていく胎児が流産しないように、腸の働きを最低限にして胎児に刺激を与えまいとするのです。

 

胎児が母体にしっかりと定着するまで、黄体ホルモンの分泌は続きます。

 

妊娠には欠かせないものですが、黄体ホルモンが活発に働くことは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を妨げてしまうことにつながります。

 

妊娠初期に分泌される黄体ホルモンの量は、生理前の量の比ではありません。

 

さらに黄体ホルモンには、大腸の中にある排せつ物予備軍(便のもとになります)から、水分を吸収してしまう作用もあります。

 

刺激が受け取れない腸の働きは、低下します。

 

また、腸内の内容物から水分も吸い取られてしまいますので、固くなり、腸管に詰まって便秘になります。

 

黄体ホルモンが原因の便秘は、黄体ホルモンの活発化が少し収まる妊娠中期になると解消されることが多いようです。

 

 

つわりも便秘の原因になる?

つわりの女性

妊娠初期にほとんどの妊婦さんが体験するつわりですが、つわりによっても便秘は起こります。

 

吐きづわり

食べ物を食べても吐いてしまうつわりがあります。この場合は、腸が蠕動運動を行おうとしても、十分な食べ物の量が腸に行っていないことになってしまいます。

 

腸がいくら伸び縮みをして排泄しようという動きをしても、押し出せるものが少なければ排泄することはできません。

 

 

食べづわり

吐きづわりと反対の、しょっちゅう食べていなければ、気持ち悪くなってしまうつわりが「食べづわり」です。

 

この場合は、黄体ホルモンで刺激に鈍くなり、蠕動運動の機能も低下している腸に、大量の消化物が送られることになります。

 

慣れない量が来るのに加えて、蠕動運動が低下しているうちに、黄体ホルモンによって水分を吸収され、便は固くなります。

 

そして、腸管につまり、ひどい便秘になることが少なくありません。

 

どちらのつわりによる便秘も、つわりの気持ち悪さに加えて、お腹のハリや痛みなどのつらい症状を伴います。

 

 

妊娠初期の便秘の解消法

 

食物繊維が多い野菜

 

妊娠初期の便秘は、主に食事によって解消する方法があります。

 

便秘を解消しやすい食材は、

 

  • 腸内環境を整える、ヨーグルトや乳酸菌ドリンク
  • ゴボウやレタスなどの野菜、バナナやリンゴなどのフルーツ
  • 食物繊維ドリンク
  • オリゴ糖
  • オリーブオイル

 

などが上げられます。

 

ヨーグルトや乳酸菌ドリンクは(つわりの関係で食べられない方はサプリメントも有効です)、乳酸菌を増やして腸の善玉菌を活性化し、腸の蠕動運動を活発にする働きがあります。

 

食物繊維も大切です。腸内の掃除をし、善玉菌が良く働ける環境を作ります。

 

オリゴ糖は、腸の中で善玉菌の良いエサになります。善玉菌が活発に活動するために、食物繊維と並んで効果のあるものです。

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、腸の中でも吸収されず、固くなった便のすべりを良くして排出させる働きがあります。

 

妊娠初期、特につわりのきつい方は、食べ物の形で口から入れるのが難しい場合もあります。食べてもすぐに吐いてしまうのでは、意味がありません。

 

吐くのは固形のものがほとんどなので、少しでも早く吸収されるように、粉末状のオリゴ糖や、食物繊維の入ったドリンク、サプリメントの錠剤がおすすめです。

 

サプリメントを飲むときの、のどの引っ掛かりだけで吐いてしまう方も少なくありません。

 

歯磨きも満足にできない状態の方は、顆粒状で水と一緒に飲めるタイプがおすすめです。

 

⇒ 妊娠中の女性の腸内環境をととのえる「オリゴ糖」はこちら

 

 

薬を飲んでも平気なの?

 

妊娠初期の下剤

 

市販薬はおすすめできません。薬を飲むなら、通っている産婦人科で便秘のことを言うと処方してもらえます。

 

産婦人科医も、内診をすれば便秘の程度がわかりますので、あまりにひどい方には、訴えなくても便秘薬を処方してくれることもあります。

 

妊娠初期は、赤ちゃんの脳や神経、体を作る基盤となる大切な期間です。

 

その間に体に有害なものを入れないためのバリアとしてつわりがある、と主張する医師もいるくらい大切な期間です。
(つわりに関しては、胎児を異物をしてとらえる体のアレルギー反応という説もあります)

 

市販薬には、胎児に対する安全性が認められていないものもあります。

 

風邪薬や睡眠薬などが胎児の成長を妨げるとして話題になったこともありました。

 

風邪薬などにくらべると、便秘薬は作用の弱いものがほとんどですが、注意にこしたことはありません。

 

薬を飲むなら、医師に処方されたものだけにしましょう。

 

また、つわりはひどくなると「妊娠悪阻」といって、入院して点滴を入れないといけないこともあります。

 

妊娠前より体重が5キロ減ったら妊娠悪阻の可能性が高いので、医師から適切な処置を受けてください。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。