妊娠中期の便秘、原因と対策について

 

つわりがおさまったころ、妊娠中で体調が最も安定している時期を迎えます。

 

この時期を安定期と言い、旅行や運動などを楽しむ方も多いようです。

 

黄体ホルモンの大量の分泌も影をひそめ、やっと腸も元気になるチャンスです。

 

が、妊娠中は便秘の原因が次から次へとやってくるのです。

 

妊娠中期の妊婦

 

妊娠中期の便秘の原因

妊娠中期になると、胎盤が完成します。胎児もどんどんお腹の中で育ち始めます。子宮の大きさは大人の頭ほどまで大きくなってきます。

 

胎児の成長による腸の圧迫

妊娠中期での代表的な便秘の原因が、大きくなった子宮が今度は腸を圧迫し始めることによります。

 

圧迫された腸は思うように動けなくなります。

 

これが原因の便秘は、妊娠後期から臨月近くまで続きます。胎動もそろそろ始まっていると思います。

 

胎動が原因で便秘が解消されることもありますから、この原因の時はそんなに焦らずに待つことです。

 

 

運動不足

買い物中の妊婦さん

ひどいつわりからやっと解放された方に多いのが、この原因です。

 

特に、妊娠初期に切迫早産などで入院してしまった方や、つわりがひどくて動けず、つわり中に筋力が落ちてきてしまった方は、動くのがおっくうになってしまうことがあります。

 

妊娠初期に出る黄体ホルモンは、運動の刺激を腸が受け取りにくいようにする働きがありました。

 

黄体ホルモンが活動をひそめる妊娠中期は、軽い運動はそのまま腸への刺激となり、便秘解消につながります。

 

この時期はむしろ、動かないことが便秘の原因になってしまいます。

 

 

食生活の変化

 

フライドポテトを食べる妊婦

 

つわりが終わると、食べ物の好みが変わってしまう人もいます。

 

特定の食べ物しか食べなくなってしまう人もいるのですが、そこで食物繊維や乳酸菌を摂らないことが便秘に結びつきます。

 

水分も、妊娠前と比べると、多めの水分を体が欲しがるようになっています。

 

足りない水分は大腸内の内容物から吸収されてしまうので、便が固くなり、便秘につながります。

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

妊娠中期の便秘解消法

妊娠中期の便秘を解消するには、運動と食生活の二本の柱が必要です。ひどい場合には、医師の処方する薬を使う場合もあります。

 

 

運動

 

散歩する妊娠中の女性

 

黄体ホルモンで腸が守られていた時期は終了しました。

 

ウォーキングや掃除などは軽い運動の代表的なものです。

 

軽い運動をすることで腸に運動刺激が与えられます。運動刺激は腸の伸び縮みする力を助け、排便につなげてくれます。

 

動きすぎると早産や流産がまだまだ心配な時期ですが、激しい運動などをしなければ、結構大丈夫なものです。

 

家事やウォーキングなどは、普通に動いて大丈夫ですので、お腹のハリが出たら休む、ということに気を付けてください。

 

自治体によっては、プレママ教室と一緒にマタニティビクスやマタニティ水泳教室、マタニティヨガなどの教室を開催したりしているところもあります。

 

産婦人科でもこういった講座を開催しているところもありますから、そうした専門的なところを利用するのも安心です。

 

食生活

 

ヨーグルト

 

妊娠中期に便秘解消の助けとなってくれるのは、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などです。

 

食物繊維は、便秘が続いて悪玉菌が多くなっている腸の老廃物を隅までとどいて掃き出してくれる、ホウキのような役割を果たしてくれます。

 

善玉菌が活動しやすい環境を作ってくれるので、善玉菌が活発に活動しやすくなるのです。

 

水分を吸って膨らむという特性も持っていますので、便のカサを増して排泄しやすくしてくれます。

 

乳酸菌は、腸の中にもともといる腸内細菌の一種で、善玉菌と呼ばれています。

 

善玉菌が増えると、腸は活発に運動できるようになり、体の免疫機能を上げたり、ストレスを解消したりする働きも高まってきます。

 

オリゴ糖は、腸の中で乳酸菌をはじめとする善玉菌の良いエサとなります。

 

良いエサがあれば、乳酸菌は順調に増えることができますので、腸内環境をよくすることができます。

 

妊娠中の女性でも安心して飲めるオリゴ糖はこちら

 

 

 

下剤

 

安定期とは言いますが、お腹の中で胎児が、今、この瞬間も一生懸命大きくなろうとしています。そこに強すぎる薬を投与することは、害になってしまいます。

 

私たちの体には、有害な物質が外から入ってきた場合、血液の中にそれが溶け込んだとしても、ある程度脳に入るのをブロックする関門があります。

 

赤ちゃんはへその緒から血液を通してお母さんの栄養を受け取っていますが、この脳への関門がまだ完成していないのです。

 

なので、私たちがブロックしている有害物質も受け取ってしまうことがあります。

 

市販薬は、妊婦に対する安全性が確立していないものもあります。

 

薬に頼りたい場合は、必ず医師の処方を受けてください。

 

効き目も穏やかで、依存性も少ない、胎児にも害がない薬が処方してもらえます。

 

便秘はストレスの原因にもなります。

 

ストレスは、腸に良くないばかりか、おなかの赤ちゃんにとってもいいことではありません。

 

食生活と運動、補助的にサプリメントや薬で、便秘を解消し、おだやかな安定期をお過ごしください。

 

 

妊娠中にサプリメントを摂ることについて

 

サプリメント

 

妊娠中に摂ってもよいサプリメントと、サプリメントでは補ってはいけない栄養素があります。

 

摂ってもよいサプリメントは、

  • 鉄分
  • カルシウム
  • 葉酸
  • 乳酸菌
  • オリゴ糖

とされています。過剰摂取はどちらも危険なので、必ず規定量は守りましょう。

 

どうしても妊娠後期に向かって貧血になりやすいので、鉄剤などは病院から処方されることがあります。

 

心配な方は、妊婦さん向けに作られているサプリメントを、必ず規定量を守って摂取してください。

 

オリゴ糖と乳酸菌は、効き目が穏やかなので、サプリメントで摂るときにあまり支障はありませんが、心配な方は医師に相談してください。

 

サプリメントで摂ってはいけない栄養素は、

  • ビタミンA

です。

 

特に妊娠初期には行けないとされている栄養素ですが、食事からとるなら良いのですが、サプリメントのように濃縮された形で摂ると、過剰摂取が心配です。

 

ビタミンAの過剰摂取は、赤ちゃんの体を作るうえで支障となることがわかっています。ご注意ください。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。