妊婦さんの便秘に効くオリゴ糖をピックアップしてみました!

 

 

カイテキオリゴ

 

本気でスッキリに取り組みたい人のためのオリゴ糖。

 

独自の「EOS理論」で、ビフィズス菌をふくむ30種類の善玉菌を増やします。

 

カイテキオリゴ公式サイトを見てみる。ただいま初回半額キャンペーン。(定期コース)

 

 

はぐくみオリゴ

 

5種のオリゴ糖を独自の配合でブレンドしました。

 

妊婦さんはもちろん、赤ちゃんも飲める優しいオリゴ糖。

 

はじめての方は50%オフの定期コースがあります。

 

はぐくみオリゴ公式サイトを見てみる。

 

 

オリゴのおかげ

 

ネット限定の類粒タイプ。妊娠中の女性の腸内フローラを整えるのに最適。

 

トクホ(特定保健用食品)のオリゴ糖なので、おなかの赤ちゃんにも安心です。

 

【ネット限定】オリゴのおかげ公式サイトを見てみる。

妊婦さんの便秘にオリゴ糖が効く

腸を元気にして、便秘を改善するといわれているオリゴ糖。

 

ローカロリーの甘味料として、スーパーなどで売っているのも見かけます。このオリゴ糖は、なぜ腸に効くのでしょうか?

 

オリゴ糖って何?

 

疑問女性

 

果物の甘みのもとになるものを「果糖」といいます。オリゴ糖は、果糖の分子が何個か結合した構造をしている糖です。

 

糖にはいろいろな種類があり、蔗糖(ショ糖)、麦芽糖のように人間の体に吸収されてエネルギー源になるものもあります。

 

甘味料ですが、血糖値を上げることもないので、糖尿病の方にはおすすめされていたりします。

 

オリゴ糖の特徴の最たるものは、「人間の消化酵素では消化されない」というものです。消化されないので、そのまま小腸や大腸に届きます。

 

腸には、善玉菌と呼ばれるビフィズス菌が住んでいます。オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌のえさとなります。

 

オリゴ糖を分解することで、ビフィズス菌の増殖を助けます。ビフィズス菌の増殖を助けると、乳酸菌の出す乳酸で、腸内の環境が酸性に傾きます。

 

腸内環境が酸性になることで、腸の活動の邪魔をしている悪玉菌を減らすことができるのです。

 

妊婦さんにお勧めのわけは、「腸管刺激性ではなく、腸内環境を整えることによって便秘を改善してくれる」ことにあります。

 

なので、効き目も徐々に、という感じなのですが、根本からの解決に働きかけるもので、副作用も報告されていません。

 

胎児への影響も、もちろん報告されていません。

 

腸に刺激を与える薬などは、妊婦さんには効き目が強すぎて下痢を起こしてしまったり、依存性が強かったり…と心配要素がたくさんあります。

 

特に、市販薬を自己判断で飲むのは絶対に避けましょう。市販薬は、卒乳後までとっておいてください。

 

他の薬を処方されている人も、一緒に飲んでも大丈夫です。心配な方は医師に相談してください。

 

 

オリゴ糖の種類と働き

オリゴ糖には、いくつかの種類があります。

 

イソマルトオリゴ糖

 

はちみつ

 

熱や酸に強く、料理に使うと料理の味を深くする働きがあります。はちみつ、みそ、しょうゆなどに含まれています。

 

ビフィズス菌を増殖させるのに役に立ち、糖分なのに口の中に残った場合でも虫歯になりにくい性質を持っています。

 

ダイズオリゴ糖

 

大豆

 

大豆もオリゴ糖を含んでいる食品です。オリゴ糖の中でも、比較的少量で腸内環境を改善する効果があります。

 

動脈硬化、ガン、老化予防の効果もあるようです。大豆のタンパク質を利用した後の、いわば残りかすから作られる糖です。

 

エネルギーが他の糖に比べて、大変低いのが特徴です。ショ糖と比べると、エネルギー量は半分ほどしかありません。

 

ガラクトオリゴ糖

 

乳糖

 

自然のものには含まれていません。乳糖を、アルカリ処理することによってつくられるオリゴ糖です。

 

ビフィズス菌の増殖を助ける働きがありますが、加えてタンパク質の消化吸収を高める働きもあります。

 

タンパク質は小腸で栄養分として吸収されます。このとき、余計な栄養素として摂りすぎたタンパク質が残っていると、残っているたんぱく質は大腸へ行きます。

 

が、大腸では、タンパク質を消化吸収することはできません。タンパク質は悪玉菌のえさとして分解されます。悪玉菌による分解は、「腐敗」と呼ばれます。

 

腐敗は、有害物質を生みます。これが腸管の中を張り巡らされている血管に溶け込み、全身に回ります。

 

なので、悪玉菌のえさとなるタンパク質を、小腸でしっかり栄養源として吸収する働きを高めてくれるガラクトオリゴ糖は、腸の健康のために良いのです。

 

フラクトオリゴ糖

 

虫歯菌

 

ショ糖と果糖の結合体です。甘味料として用いられることの多い種類のオリゴ糖ですが、消化酵素で分解されにくく、口の中にいる悪玉菌・虫歯菌にも分解されにくいので、虫歯になりにくい甘味料として知られています。

 

消化酵素で分解されにくいので、そのまま腸へ行き、腸内のビフィズス菌の栄養となります。

 

 

オリゴ糖を摂るときの注意点

 

注意点ひよこ

 

機能性食品や、トクホなどで使用量の注意がある場合は、そちらを必ず守ってください。

 

どんな食品もそうですが、健康によさそうだからといって、摂りすぎはかえって害になることがあります。

 

気になる方は、天然由来のものを使いましょう。

 

スーパーなどで売られている甘味料としてのオリゴ糖は、純粋なオリゴ糖ではなく、添加物がある場合もあります。

 

一般的に、市販品のオリゴ糖含有量は60〜70%といわれています。

 

純度が高いほうが、もちろん効果も高いので、純度が高いものを探してみるのもいいかもしれません。

 

なお、具体的な目安として、1日に3〜5グラムが適当、といわれています(純度が高いものだと、それ以下に設定されていることもあります)。

 

果物や豆乳、たまねぎなどにもオリゴ糖は含まれています。機能性食品も上手に使いながら、食生活の中に取り入れていってください。

 

 

妊娠とアレルギーのこと

 

親子

 

生まれてくる赤ちゃんにアレルギーがあるかないか、心配している妊婦さんはたくさんいます。

 

10年以上前から、赤ちゃんがお腹の中にいるときにはアレルゲンになる食べ物(牛乳、卵など)をあまり食べないほうがいい、という考えが広まり、妊婦さんの食事を除去食にして胎児のアレルギーを防ごうという試みが流行したことがあります。

 

結果、アレルギーの予防はできませんでした。胎児期の食事、乳児期の食事などに注意しておくだけでは、アレルギーの発生は押さえられないことが分かったのです。

 

アレルギーは腸の状態が悪いために、体の免疫細胞が上手に働いていないということが、研究によってわかっています。

 

腸には全身の6割〜8割の免疫細胞が集まっており、小腸にはパイエル板という、リンパの総司令塔があります。

 

腸が良く働くようにしておくことが、アレルギー症状の改善や予防にも役立つことは知られています。

 

腸を元気にすることは、免疫力を上げることにもつながるのです。

 

胎児は、妊娠中のお母さんの腸の状態を受け継ぐといいます。お子さんの免疫力を上げるためにも、腸内環境は整えておくことをおすすめします。

 

超本気で「出ない悩み」を改善したい人限定!『カイテキオリゴ』