臨月の便秘である、原因と対策を知ろう(・ω<)

 

臨月になり、赤ちゃんが下がってきた方も多いこの時期、骨盤も緩んできて痛みを感じたり、動作の大変さを感じている方も多いと思います。

 

もう少しでかわいい赤ちゃんに会える、楽しみな時期です。

 

妊娠後期

 

臨月の便秘の原因

 

赤ちゃんの成長

臨月になると、おなかの赤ちゃんがどんどん大きくなってきます。

 

8か月の時には1500gくらいしかなかった赤ちゃんが、臨月には3000gを超えるようになります。

 

臨月の便秘は、大きくなった赤ちゃんがお母さんの腸を圧迫することで起こります。

 

2か月で倍になってしまうこの時期の赤ちゃんは、おなかの中で母体の腸を圧迫します。

 

子宮自体がとても大きくなる時期なので、すぐ隣にある腸を圧迫し、腸の動きを低下させることもあります。

 

 

水分不足

 

水

 

水分の不足が便秘を招くこともあります。この時期はたいへんむくみやすいので、水分の摂取を控えてしまうことがあります。

 

すると、腸の内容物から水分が再吸収されて固くなってしまうので、腸管に詰まって便秘になりやすくなるのです。

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

 

排便拒否

 

排便拒否

 

排便の時に力を入れると、赤ちゃんが出てくるような気がして、力を入れられなくなってしまう人もいます。

 

1日延ばしにしてしまうと、腸がだんだん排便の刺激を覚えなくなり、便意のない腸になってしまうことも便秘の原因の一つです。

 

良いサイクルは、食べてから2日くらいで、食べたもののカスが体から排出されること。

 

これを我慢していると、腸が悪玉菌優位になってしまい、機能を低下させてしまいます。おならが増える妊婦さんは非常に多いのですが、原因は便秘によるものです。

 

 

臨月の便秘への対策

 

軽い運動

 

散歩をする妊婦

 

切迫早産などで安静を言い渡されているのでなければ、軽い運動は腸に刺激を与えて腸の動きを活発にするので大変良いです。

 

大体決まった時間に散歩に出たりするのがよいでしょう。

 

決まった時間に刺激を与えることで、腸の動きが活発になる習慣を与えるのです。

 

この時期は、運動が直接の原因になって出産してしまうということはありませんが、いつ破水などが起こってもおかしくありません。

 

出かけるときも、母子手帳を持ち歩く習慣をつけておきましょう。

 

 

水分を摂る

 

水分

 

水分不足は高血圧の元です。

 

妊娠していないときよりも汗もたくさんかきますし、身体も水分を必要としていますので、のどが乾いたら我慢をしないようにしましょう。

 

のどが渇かなくても、定期的に水分を取る習慣をつけておくとよいです。

 

むくみは、水分の問題だけでなく、塩との関係もあります。

 

塩辛いものを食べすぎないようにしましょう。また、妊娠時のむくみはひどいものでなければ、出産後に自然解消されることが多いものです。

 

妊娠中の便秘におすすめな飲み物を紹介しています。

 

 

我慢しない

 

排便を我慢している妊娠女性

 

排便程度の腹圧で、出産してしまうことはありませんので安心してください。

 

我慢していると、腸が排便のない状態に慣れてしまい、動きが鈍くなってきてしまうのです。

 

でなくなると便は固くなり、腸管に詰まるという悪循環が起きます。早めに産婦人科で緩下剤を処方してもらってください。

 

市販品の下剤などを使ってはいけません。妊娠中は、医師の処方によるものしか薬は飲まないようにしましょう。

 

 

食生活

オリゴ糖

 

食生活は、便秘対策のためだけでなく、これから母乳を出す身体のためにも見直しておきたいものです。

 

善玉菌を増やしていい状態の腸を作っておくことは、赤ちゃんの腸の状態も良くすることにつながります。

 

食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌は善玉菌を増やし、腸を活発に活動させてくれます。

 

オリゴ糖はゴボウや玉ねぎなどにも含まれていますが、腸の善玉菌を順調に増やすために、乳酸菌とともにぜひとっておきたい食品です。

 

オリゴ糖などは、シロップ状のものも出ていますし、顆粒状のものも出ています。

 

この時期に避けたいのは、おなかの収縮を伴ってしまう下痢の症状です。

 

オリゴ糖や乳酸菌などをサプリメントで摂る場合は、摂りすぎに注意しましょう。きちんと規定量を守れば心配ありません。

 

妊婦さんでも安全に飲めて便秘解消!オリゴ糖の詳細はこちら

 

妊娠中は体がほてるので、冷たいものがほしくなりがちです。

 

冷たいものの摂りすぎも、下痢の原因になることがありますので注意しましょう。

 

 

妊婦さんは痔に注意

 

痔に悩んでいる妊婦さん

 

妊娠中は、血液量が増えます。循環する血液の量が増えると、血管が広がります。

 

大きくなった子宮は肛門周辺の血管を圧迫しますので、血液循環が悪くなり、広がった血管に血液がたまってうっ血し、痔になります。

 

これはいわゆるいぼ痔というものですが、妊娠中はこの種類の痔が一番多いのです。

 

痛みはなく、出血して初めて気が付くことが多い症状です。

 

また、便秘が原因で便が固く太くなってしまい、無理に押し出すときに肛門付近が切れてしまう、いわゆる切れ痔の症状も多くみられます。

 

便秘が原因の痔は、臨月だけではなく、出産後に下腹に力を入れるのが怖くなってしまって痔になることも非常に多いです。

 

臨月の時には赤ちゃんが出てきそうで怖かったという感覚、出産後は、会陰切開のあとが開いてしまいそうで怖かったという感覚から便秘になり、痔に悩む人が多いのです。

 

出産後の便秘を防ぐには、力まなくても出るくらいの良い状態の便を作れる腸にしておくことが大事です。よい腸の準備は、妊娠中から始まっています。

 

出産後に切れ痔で悩まないためにも、妊娠中からよい腸を作っておくことが大切です。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。