妊婦さんが飲める市販の便秘薬(内服薬)について

 

便秘薬

 

便秘の市販薬には、すべて「妊娠中の方は医師に相談を」の注意書きが。

 

出産後は、きれいさっぱり治ってしまうことが多い妊婦さんの便秘。市販薬で使えるものがあるか調べてみました。

 

いろいろな薬を調べてみましたが、すべての便秘薬に「妊娠している方は医師に相談してください」という類の注意書きが入っていました。

 

良く効く薬は「効き目が強い」ということです。効き目が強いということは刺激も強いということ。直腸への刺激が強すぎると、時期によっては流産や早産につながりかねません。

 

「あのときのあの薬のせいでは…」と後悔しないように、必ず市販薬を使うときは医師に相談してくださいね。薬のせいではなくても、とても気になってしまうものです。

 

産婦人科では、頼めば下剤を処方してくれます。妊婦さんでも安心して使える下剤なので、お医者さんに頼むのが一番安心ですよ。

 

 

薬との飲み合わせにも要注意!

薬を飲む女性

他の薬を飲んでいる方でももちろん便秘になります。日ごろ飲んでいる薬のある妊婦さんは、これらの薬を飲む前に必ず医師に相談してください。

 

特に、マグネシウム系の薬は、飲み合わせや持病によって腎臓に負担をかけることがあります。腎臓は体内の水分から老廃物をこしとる大切な臓器です。

 

胎内にいる赤ちゃんにきれいな水分と血液を届けるためにも、きちんと腎臓に働いてもらって水分から老廃物や毒素をろ過しなければなりません。

 

健康な妊婦さんでいるためにも、ぜひお医者さんの判断を仰いでくださいね。

 

 

 

妊娠中に使ってもよいとされている便秘薬

 

3Aマグネシア

 

3Aマグネシウム

 

酸化マグネシウムを主成分とする便秘薬です。酸化マグネシウムは保水力が高く、水分を含んで膨らむ性質があります。水分を含んで膨らんだ酸化マグネシウムが便を柔らかくして便秘を解消します。

 

便自体が柔らかくなるため、腸への刺激も弱いもので済みます。授乳中のママでも使えるのも特徴です。

 

3Aマグネシアの副作用

ごくまれに、吐き気、口の異常な渇き、血圧低下、頻脈などが起こることがあるようです。直ちに使用をやめて、医師の診察を受けて下さい。

 

ミルマグ

 

ミルマグ

 

水酸化マグネシウムを主成分とする便秘薬です。3Aマグネシアと同じく、水分を含んで膨張し、便を柔らかくして排出する働きがあります。

 

水酸化マグネシウムは胃酸を中和する働きもあるので、胃炎や胃潰瘍の直りを良くする効果もあります。

 

ミルマグの副作用

同時に服用することにより、他の薬の薬効を弱める可能性があります。飲み合わせもありますので、他の薬を飲んでいる方は必ず医師に相談してください。

 

また、カルシウムや牛乳の大量摂取は控えてください(カルシウムは1日1g以上、牛乳は1日1リットル以上)。ミルク・アルカリ症候群を起こす可能性があります。

 

この薬自体に牛乳の成分が含まれますので、牛乳アレルギーの人は飲めません。

 

副作用として、便が柔らかくなりすぎたり、下痢になることがあります。

 

自然にすっきりできると評判「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳しくはこちら。

 

 

コーラックファースト

 

コーラックファースト

 

ピコスルファートナトリウム水和物を主原料とする便秘薬です。ピコスルファートナトリウム水和物は大腸に胃や小腸では作用しません。

 

大腸内の腸内細菌によって活性化し、蠕動運動を高めて水分の吸収を抑えます。

 

ピンクの小粒のコーラックソフトと同じようなものですが、コーラックソフトは製造が終了し、現在はコーラックファーストが後継品として販売されています。

 

便秘は、腸管に固くなった便が詰まることによっておこります。妊娠すると、ホルモンの働きで腸の働きが鈍くなったり、大きくなった子宮で腸管が圧迫されてそこに便が詰まったりするので便秘になりやすくなります。

 

大腸は便から水分を吸収する器官なので、詰まった便からもどんどん水分が再吸収され、便が固くなり、さらに出にくくなる…という悪循環をたどります。

 

ピコスルファートナトリウム水和物が水分の再吸収を抑えることにより、蠕動運動で便を出やすくするタイプの便秘薬です。

 

コーラックファーストの副作用

皮膚の発疹、発赤などの症状や吐き気、嘔吐、激しい腹痛などの副作用が出ることがあるようです。その場合は直ちに使用をやめ、かかりつけの薬局や医師に相談してください。

 

ピコラックス

 

ピコラックス

 

ピコスルファートナトリウムを主成分とする便秘薬です。ドイツやイギリスなど、世界26か国で使用されています。

 

ピコスルファートナトリウムは胃や小腸で作用しないため、下痢や腹痛が起こりにくいのが特徴の成分です。また、消化や吸収の妨げになることもないので胃の弱い方に向いている便秘薬ということができます。

 

ピコラックスの副作用

他の下剤を服用している方はピコラックスを同時に服用することはできません。

 

また、体質によって腹痛、下痢、嘔吐、皮膚の発赤や発疹などが出る方もいらっしゃるようです。

 

酸化マグネシウムの副作用って平気なの?

 

困っている女性

 

平成20年に、「酸化マグネシウムは高マグネシウム血症を引き起こすのではないか」という報道がありました。

 

腎臓疾患のある方や、統合失調症や認知症で投薬を受けている方が、酸化マグネシウム剤を漫然と使い続けることによって、高マグネシウム血症が起こる可能性があるようです。

 

もともと腎臓疾患のある方にとって、酸化マグネシウム剤は高マグネシウム血症を引き起こすこともあるようですが、腎臓疾患がなかった方に対して、酸化マグネシウムが高マグネシウム血症の原因になることはないようです。

 

妊娠中の腎臓系の問題と言えば、妊娠中毒症ですね。

 

妊娠中毒症の方は、酸化マグネシウム剤は飲まないほうが良い場合もあります(特に、投薬を受けている場合)。必ず医師に相談してから使ってください。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。