妊婦さんの便秘に良く効くツボを押そう

 

ツボ押し

 

ツボマッサージは、中国4000年の歴史とともにあるといわれるくらい歴史の古いものです。

 

薬もろくにない昔から、健康管理や病気の治療のために使われてきました。

 

ツボは全身にあり、中国で一番古い医学書には160個あるという記載があります。現在は、670個ほどあるといわれています。

 

もちろん、その中には便秘解消に効果があるツボもあります。

 

360個とかいろいろな数が言われていますが、左右対称にあるツボを全部数に入れるか、1種類と数えるかによってツボの数は違ってくるようです。

 

便秘に効くツボも、背中、おなか、手、足にありますが、おなかのツボは妊娠中はやめておきましょう。背中も同様です。

 

直接おなかに触れなくても、手や足は神経がたくさん通っているところですし、遠隔操作のようですが効き目はあります。

 

血行を良くするように、皮膚の下の血流の流れをイメージしながら押したりほぐしたりしてみてください。

 

妊婦中のスッキリにおススメの「お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキング」

 

妊婦さんの便秘に効く手のツボ

手のひらは、たくさんのツボがあります。手のひらの骨は一枚ではなく、たくさんの細かい骨がつながってできています。

 

なので、気の通り道がたくさんある場所なのです。

 

合谷(ごうこく)

合谷

 

人差し指と親指の骨が重なるあたりにあります。触ってみると、コリコリという感触があるのがわかると思います。血流を良くする効果があります。

 

腸の血行を良くすれば、便秘解消につながります。便秘だけでなく、眠気覚ましや肩こり、疲労回復にも効果のあるツボです。痛くない程度に、ゆっくり押してほぐします。

 

神門(しんもん)

合谷

 

手のひらの付け根のところを触ってみると、親指の下のあたりと小指の下のあたりに骨があるのがわかると思います。

 

手のひらの付け根まで小指をずーっと伸ばしたとして、手首の上のあたり、小指の下にあるツボが神門です。

 

ゆっくり押して、回すようにほぐしてください。

 

自律神経の働きを、リラックスの方向に傾け、腸の緊張を解いてくれます。緊張が解けると、腸は動きやすくなります。

 

番外編:ご主人に協力してもらえる場合

上記の2つのツボ以外にも、手のひらにはツボが満載です。手のひらを広げた状態で上に向け、ご主人にその手を包むようにして親指で押してもらいましょう。

 

どこを押しても大丈夫です。手のひらのツボがほぐれると、安眠効果もありますので、寝付けなくなる妊娠後期に特にリラックス効果があります。

 

 

妊婦さんの便秘に効く足のツボ

 

三陰交(さんいんこう)

三陰交

 

足の内側、くるぶしの出っ張ったところから指4本分上に行ったところにあるツボです。ゆびは、縦ではなく横に当ててくださいね。

 

個人差はありますが、内くるぶしより4〜5センチ上をイメージして探してみてください。

 

このツボは、痛みがあるくらい強く押して大丈夫です。妊娠後期になると、足にむくみが来る方もたくさんいますが、むくみにも効果のあるツボです。

 

全身の水分の流れを調節し、腎臓を助けます。水分の流れを整えることで、腸にも効果があります。

 

小腸と大腸は、もともと体の中にある水分も含めて1日で約7.7リットルもの水を吸収します。

 

水の流れを整えることは、腸の機能を整えることでもあるのです。

 

自然な素材ですっきり!「するっと抹茶」ネット限定お試しの詳細はこちら。

 

 

ツボ押しをするときには注意しましょう

 

おなかをさする妊婦さん

 

一般のツボの本などを読んで、便秘解消のツボを押すときは、注意してください。妊婦さんには、避けたほうがいいツボがあります。

 

まず、おなかまわり、背中周りは念のため避けておきます。足と手は安心です。

 

足裏マッサージも便秘に効果はありなのですが、かかと部分の足の裏のでっぱりのところは注意してください。生殖器のツボがあります。押さないほうがよいようです。

 

足のゆびの下(特に薬指の下)と小指の延長線上は消化器系の反射区です。痛くない程度に、ほぐすつもりでマッサージをしましょう。

 

 

どうしてツボ押しが便秘に効くのか

 

腸がよい状態

 

便秘になっている腸は、腸管に詰まっている腸と悪玉菌のせいで、血行が悪く動きも鈍くなっている状態です。

 

ツボは全身の血液の流れを良くして、体を温める効果に優れています。ゆったり、じんわりと押すことで、腸をリラックスさせ、血液の流れを良くして腸管の動きの鈍さを改善します。

 

気持ちよい、という感覚になることで、腸にリラックスの効果を与えるのも大事な効果の一つです。

 

リラックスすると、副交感神経が働きます。副交感神経が優位になると、腸もリラックスして動けるというメリットがあるのです。

 

 

ツボ押しのメリット、デメリット

妊娠している女性とその夫

ツボ押しは、手の届くところなら自分でできます。手が届かないなら、ご主人にやってもらうこともできるでしょう。

 

どこかへ行ってやってもらうのではなく、自分でできることですから、いつでも思いついたときにできるという手軽さはメリットです。

 

デメリットとしては、押しすぎることがあるということです。

 

力加減の問題なのですが、痛くないと効き目がないと思っている方は意外に多く、痛みを感じるまでぎゅうぎゅう押してしまうのです。

 

ツボ押しの目的は、経絡(ツボ)に刺激を与えて症状の改善を図ることと同時に、血液の流れを良くして全身を温めるという目的もあります。

 

押しすぎは、効果が上がらないどころか、痛みを感じると筋肉は締まりますので、かえってこわばってしまうことになります。

 

気持ちいい、くらいのところで力を加減しておきましょう。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。