妊婦さんの便秘にヤクルトは効果ある?

 

乳酸菌ドリンクの伝統を作ってきたと言っても過言ではない、ヤクルト。小さいのに、乳酸菌が効率的に摂れるドリンクとしても知られています。

 

ヤクルトは、妊娠中にも飲めます。強い下剤効果がない代わり、副作用もありません。

 

ヤクルト

 

なぜ便秘にヤクルトが効くの?

ヤクルトには、LCS、カゼイ・シロタ株、乳酸菌シロタ株などとよばれる乳酸菌が使ってあります。総称して「ヤクルト菌」と呼ばれることもあるようです。

 

ここでは、カゼイ・シロタ株という呼び方ではなく、「ヤクルト菌」と呼ぶことにします。

 

ヤクルト菌は、生きて腸まで届き、善玉菌を助けて働きます。

 

そして、腸を活発に動かし、便秘予防や解消に役に立つ働きがあります。プロバイオティクス効果も確認されています。

 

腸内細菌叢、腸内フローラが善玉菌優位になっていると、便秘は起こりません。

 

活発な腸の運動によって、腸内の老廃物がすっきり毎回排出されるからです。

 

活発な腸の運動は、腸内が酸性に保たれていないとできません。乳酸菌は、腸内を酸性に保つ働きがあるのです。

 

善玉菌を優位にするには、

 

  1. 腸内の善玉菌を活発に活動させること。
  2. 腸内に乳酸菌を外から入れて数を増やし、腸内を酸性に傾けて悪玉菌を退治すること。

 

などの方法があります。

 

16種類の乳酸菌が入った「乳酸菌革命」がお得に購入できるページはコチラ。

 

 

ヤクルトのプロバイオティクス効果とは?

 

乳酸菌をイメージした空

 

ヤクルト菌は、プロバイオティクス効果が確認されています。

 

プロバイオティクス効果とは、腸まで生きて届き、腸内フローラといわれる腸内細菌叢を善玉菌優位の状態にする効果があると認められている乳酸菌の効果です。

 

通常、乳酸菌を口から入れても、ブルガリア菌に代表されるヨーグルトに由来する乳酸菌は、生きて腸まで届く割合が低いのです。原因は、胃酸にあります。

 

胃酸は、空腹時には金属さえ溶かすほどの、強烈な酸性です。

 

この強い酸と、体内の熱によって、ほとんどの乳酸菌は腸に届く前に死んでしまうのです。

 

もちろん、死んで腸に届いても、乳酸菌は効果があります。

 

が、積極的かつ直接的に腸で働いてもらいたいなら、プロバイオティクス効果が認められている乳酸菌を摂ったほうがよいとされています。

 

⇒ 妊婦さんの便秘と乳酸菌について

 

 

ヤクルト菌について

 

試験管でヤクルト研究

 

ヤクルト菌について、もっと詳しく説明しましょう。

 

乳酸菌辞典などでは「L.カゼイ YIT9029」という名前で呼ばれている乳酸菌シロタ株がヤクルト菌です。

 

ラクトバチルス乳酸菌という、柱状のものがソーセージのようにつながっている形をした乳酸菌です。

 

代田医学博士が発見したので、この名前がついています。1930年に発見された乳酸菌で、1935年には早くも「ヤクルト」として販売がスタートされました。

 

ヤクルト菌は、胃酸で死ぬことはありません。

 

もともと人の腸内には、ビフィズス菌という乳酸菌の種類が住んでいますが、ヤクルト菌は腸に生きたまま届いて、ビフィズス菌を増やす効果が確認されています。

 

そして、悪玉菌である大腸菌も減らせるという実験結果が出ています。

 

悪玉菌が多い腸は、便秘になりやすいだけではありません。悪玉菌は、腸内でたんぱく質を分解して腐敗させ、インディカンという物質を作り出します。

 

インディカンとは、腸内で作り出される物質のうち、発がん作用のある物質が肝臓で変化したものです。

 

腸内に発がん作用のある物質その他、有害物質が作られてしまうと、その物質は腸管の中に張り巡らされている血管の中の血液に溶け込みます。

 

溶け込んだ血液は、全身を回り、血液浄化作用のある肝臓にも及びます。

 

そこでインディカンとなり、尿の中に排泄されます。(すべてが排泄されるわけではありません)

 

便秘のひどい人は、尿中のインディカンの量も多いことがわかっています。

 

肝臓と腎臓に負担をかけるだけでなく、体内の発がんのリスクも上げてしまうので、悪玉菌優位の腸は大変危険なのです。

 

たかが便秘ですが、されど便秘で、腸の環境が今良いのか悪いのかを的確に知ることのできる症状です。

 

妊娠していてもいなくても、腸の健康はとても大事です。

 

便秘という腸の異常シグナルには敏感になっておくことをおすすめします。そしてぜひ、良い腸内環境を作ってください。

 

腸内環境は、下剤では作れません。下剤は、起こってしまっている便秘に対処することしかできないからです。

 

妊娠中は、自分の体と向き合う良い機会です。この機会に、ぜひ、家族のためにも健康な腸を手に入れてください。

 

 

 

ヤクルトはどう買えばいい?

 

乳酸菌飲料の売り場

 

スーパーの店頭でもヤクルトはおいていますが、ヤクルトレディと呼ばれる販売員からしか買えないヤクルトもあります。

 

「ヤクルト400」という名前ですが、スーパーで売っているヤクルトの約3倍の乳酸菌が入っています。

 

ほかにも、ヤクルトレディさんからしか買えない種類のヤクルトはあります。

 

ただ、スーパーでは賞味期限が近くなると、どんどん値引きがされますが、一般的にヤクルトレディは一切値引きに応じません。

 

飛び込みのお客さんが買うには、センターや販売店が近くにあれば、そちらで買うことができます。

 

ヤクルトレディさんに頼むと、定期的にお届けが来ますので、外出があまりできない方にはいいと思いますが、お試しや本当に効果があるかどうか試してから定期購入したいという方は、お近くにセンターや販売店があればそちらの利用のほうが融通が利くでしょう。

 

 

妊婦さんがヤクルトを摂取するうえでの注意

ヤクルトには、糖分があります。効果を期待するあまり、飲みすぎるのは危険です。

 

カロリーの摂りすぎにもつながりますし、どんなに体にいいものでも、極端にそればかりというのは、絶対にいいことではありません。

 

ヤクルトは、「Newヤクルト」「ヤクルトAce」「ヤクルト400」「ヤクルト400LT」が特定保健用食品、いわゆるトクホの商品です。

 

トクホの食品には、期待できる効果と、1日の摂取量が必ず書いてあります。そちらをきちんと守り、摂りすぎないようにしましょう。

 

妊娠中のすっきり解消。お試しセットの紹介。

実力派!妊婦さんのスッキリ対策におススメな、お茶・オリゴ糖・乳酸菌ランキングはこちらをクリック!

詳細はコチラ

 

自然性(ママや赤ちゃんへの影響)、人気度、お手軽なお値段、飲みやすさ、継続のしやすさなど、あらゆる角度からチェックして厳選した商品だけをランキングにしました。